猫も杓子も構造化

発達障害、特別支援などについて書いています。ブログ名にあまり意味はありません。

藤岡宏『自閉症の特性理解と支援 TEACCHに学びながら』

自閉症の特性理解と支援―TEACCHに学びながら

自閉症の特性理解と支援―TEACCHに学びながら

内容は書名の通りで、自閉症についての基本的な特性理解から、当事者を支援する方法、そして当事者を取り巻く医療・保護者・地域の実際を紹介している。

「TEACCHに学びながら」とあるが、本書で紹介されているのは、具体的なテクニックというよりは、自閉症の人が持つ捉え方を一つの文化として尊重したうえで特性理解に則した支援を行うTEACCHの姿勢のようなものだと思う。読んでいると著者の温かい人柄を随所に感じることができ、自閉症者の支援とはかくあるべきだなぁ、と思わされるところがとても多かった。ぜひ、自閉症と関わる多くの支援者に読んで欲しい本。