猫も杓子も構造化

発達障害、特別支援などについて書いています。ブログ名にあまり意味はありません。

山田剛史他『Rによるやさしい統計学』

Rによるやさしい統計学

Rによるやさしい統計学

最近この本を読んでいるがとても良い。特に、標本分布などを実際にデータを発生させて確認できる点。理論的に求められる確率分布を「経験的に近似」できるので、他の統計の教科書で言われていることが腑に落ちる感覚。

ただ統計で使われる各種概念についての説明は簡素なので1冊目にこれを持ってくるときついだろう。言われたとおりにコマンドを打ち込んでいるだけだと、結局それが統計的に何をやっているのか分からなくなるかもしれないので、他の定評あるテキストを読んだ後に自分でデータを発生させたりいじってみるのがオススメ。