猫も杓子も構造化

発達障害、特別支援などについて書いています。ブログ名にあまり意味はありません。

RTIの解説論文

Fuchs, D., & Fuchs, L. S. (2006). Introduction to Response to Intervention: What, why, and how valid is it? Reading Research Quarterly, 41, 93-99.
Introduction to response to intervention: What, why, and how valid is it? - FUCHS - 2006 - Reading Research Quarterly - Wiley Online Library


RTI(Response to Intervention)というと、私は海津先生のMIMしか知らなかったのだが、そもそもこれがどういう経緯で出てきたのかが知りたくて読んだ。

RTIが読みの早期指導に焦点を当てている背景に、アメリカでブッシュ政権のときに成立したNo Child Left BehindやらReading Firstなどの政策の影響を受けている事情などが書かれている。

ただ、10年以上前の論文なので今がどうなっているかは知らない。