猫も杓子も構造化

発達障害、特別支援などについて書いています。ブログ名にあまり意味はありません。

スノウリング『ディスレクシア 読み書きのLD 親と専門家のためのガイド』

ディスレクシア 読み書きのLD 親と専門家のためのガイド

ディスレクシア 読み書きのLD 親と専門家のためのガイド

  • 作者: マーガレット C.スノウリング,宇野彰,加藤醇子,紅葉誠一
  • 出版社/メーカー: 東京書籍
  • 発売日: 2008/02/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 4回
  • この商品を含むブログ (1件) を見る

英語圏でなされてきたディスレクシアについて研究の蓄積を紹介している本。実験で使われているデータや結果(研究対象となった実験群・統制群のプロフィールや課題の種類、実験結果のグラフや統計的情報)などまで詳しく紹介しながら、ディスレクシア研究の各領域がどのように発展してきたかを丁寧に追っている。なので、内容はかなり専門的。

副題に「親と専門家のためのガイド」とあるが、ディスレクシアの「研究」に関心を持つ親にとっては大変役に立つだろうが、「じゃあ、明日からどう支援すれば良いの?」と切実な困り感のある親にとってはなんのガイドにもならないと思う。出版社の商業的な意向により付けられた副題なのだろうと邪推している。(ちなみに原題は "Dyslexia second edition"とだけしかない。)

ともあれ、大学等で使われるような教科書的な本としては大変信頼できる良書であると思うので、そういった領域に興味のある方は手にとってみると良いと思う。