読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

猫も杓子も構造化

発達障害、特別支援などについて書いています。ブログ名にあまり意味はありません。

続・シングルケース研究のグラフをRで描く

昨日の記事では折れ線グラフに白線を重ねて一部の線を消すなんて面倒くさいことをしたのだけれど、よくよく考えれば最初からデータを分けて入力してプロットすればいいだけの話であった。

データの準備の時点でフェイズごとにデータを分けて用意する。

#データ入力
phase1<- c(1:5) #ベースライン回数
selfinjury1 <- c(7,9,8,12,8) #ベースライン期の自傷行為の回数
phase2 <- c(6:20) #介入期期回数
selfinjury2 <- c(5,6,4,5,4,2,1,1,3,2,2,1,0,0,1) #介入期の自傷行為の回数

そして、それぞれのデータを共通のx軸、y軸でplot。

#ベースラインをプロット
plot(phase1, selfinjury1,
     type="o",  #マーカーと線を重ねる時はo
     pch=16, #●は16
     xlim = c(0,20), #x軸の範囲を指定
     ylim = c(0,12),  #y軸の範囲を指定
     xlab = "セッション回数",
     ylab = "自傷行為の生起頻度(回)"
)

#グラフの上書きを指定
par(new=T)

#介入期をプロット2
plot(phase2, selfinjury2, 
     type="o",  #マーカーと線を重ねる時はo
     pch=16, #●は16
     xlim= c(0,20), #x軸の範囲を指定
     ylim= c(0,12), #y軸の範囲を指定
     xlab="",  #軸のラベルを指定しないと変に重なる
     ylab=""
)

#垂線を描く
abline(v=5.5,lwd=2,lty=2)

f:id:nekomosyakushimo:20170426162544p:plain

こっちの方が断然簡単でしたね。

【関連】
nekomosyakushimo.hatenablog.com

シングルケース研究のグラフをRで描く

シングルケースデザインの研究は折れ線グラフをよく使いますが、そのグラフをRで描く方法を調べたのでその備忘録を。

とりあえず仮想的なデータを作って見ます。指導のセッションの回数を重ねる毎に自傷行為の生起頻度がどう変化していったかのようなケースを想定してみましょうか。

#データ入力
session <- c(1:20) #セッション回数
selfinjury <- c(7,9,8,12,8,5,6,4,5,4,2,1,1,3,2,2,1,0,0,1) #自傷行為の回数

で、これをもとにとりあえず折れ線を作ります。
plot()関数のプロパティでtype="b"を指定すると、線とマーカーのついた折れ線グラフが書けるようです。

#マーカー付き折れ線グラフ
plot(session, selfinjury, type="b")

f:id:nekomosyakushimo:20170425125610p:plain
なんかあまり、研究論文っぽさがないのでちょこちょこといじります。

#マーカー付き折れ線グラフ2
plot(session, selfinjury, type="o",  #マーカーと線を重ねる時はo
     pch=16, #●は16
     xlim= c(0,20), #x軸の範囲を指定
     ylim= c(0,12)  #y軸の範囲を指定
)

f:id:nekomosyakushimo:20170425130510p:plain

だいぶそれっぽくなりましたが、ベースラインと介入期の線を切りたいですね。
特定の線だけ消す方法を調べてみたのですが見つからなかったので、
やや強引ではあるものの白い線のグラフを上に重ねて強引に消すことにします。
セッション回数5までがベースラインで、6以降が介入期と想定します。

#上書き用データを入力
session2 <- c(5,6)
selfinjury2 <- c(8,5)

#グラフの上書きを指定
par(new=T)


#白の折れ線を重ねる
plot(session2, selfinjury2, type="l",  #マーカーを描かないの時はl
     col="white", #白で重ね書き
     lwd=3,  #太めにしないと隠れきらない
     xlim= c(0,20), #x軸の範囲を同じに指定
     ylim= c(0,12),  #y軸の範囲を同じに指定
     xlab="",  #軸のラベルを指定しないと変に重なる
     ylab=""
) 

#グラフの上書きを指定
par(new=T)

#白線で削れた点を復元する
plot(session2, selfinjury2, type="p",  #店のみの時はp
     pch=16, #●は16
     xlim= c(0,20), #x軸の範囲を同じに指定
     ylim= c(0,12),  #y軸の範囲を同じに指定
     xlab="",
     ylab=""
) 

f:id:nekomosyakushimo:20170425141409p:plain

スマートではない方法ですが、それっぽくはなりました。
ポイントとしては、軸の範囲を重ねる元のものと同じにしないとうまく重ならないことと、
重ねる白線の太さを微妙に太くすることでした。(でないともとの線の縁が微妙に残る)

最後にフェイズを分ける垂線を描いておしまいです。

#垂線を描く
abline(v=5.5,lwd=2,lty=2)

f:id:nekomosyakushimo:20170425142347p:plain

効率は良くなかったのかもしれませんが、大分それっぽいものが描けました。

ソーシャルストーリー概観論文

岡田信吾・大竹喜久・ 柳原正文 (2009). 発達障害児に対するソーシャルストーリー(TM)研究の概観. 岡山大学大学院教育学研究科研究集録, 141, 11–28.

発達障害児に対するソーシャルストーリー(TM)研究の概観 - 岡山大学大学院教育学研究科研究集録 141巻 - 雑誌 一覧 - 岡山大学学術成果リポジトリ


ソーシャルストーリーの介入効果を定量的に検討している研究を国際誌を中心に概観している。実験計画や対象者、標的行動などそれぞれの研究の概要がまとまっており大変便利。

ソーシャルストーリーは家庭でも学校でも容易に使用でき、対人行動の有力な指導法として期待されているため研究報告も年々増えているのだが、その単独での介入効果は高くなく、ストーリーの構成要件がどのように介入効果を変えるのかについての研究が必要であると、著者らはまとめている。

Boelt他『Autism Spectrum Conditions: FAQs on Autism, Asperger Syndrome and Atypical Autism Answered by International Experts』

Autism Spectrum Conditions: FAQs on Autism, Asperger Syndrome, and Atypical Autism Answered by International Experts

Autism Spectrum Conditions: FAQs on Autism, Asperger Syndrome, and Atypical Autism Answered by International Experts

書名の通りの本で、ASDについてよく聞かれる質問に、それぞれ当該の分野を専門とする研究者が2,3ページ程度で答えていく本。詳しく知ろうと思うとこの本だけでは当然情報量は足りないが、あまり明るくない分野については簡潔にまとまっていて次に読むべきものなども分かるので結構役に立つ。

ABA対TEACCH論文

ABA versus TEACCH: the case for defining and validating comprehensive treatment models in autism. - PubMed - NCBI

自閉症への介入プログラムは様々あるが、それらの中でも有名なABAとTEACCHに焦点をあててそれらの社会的妥当性(social validity)を検討した論文。
社会的妥当性とは、論文の中で次のように定義されている。

Social validity can be generally defined as consumer satisfaction with the goals, procedures, and outcomes of programs and interventions.(p.75)

すごい簡単に行ってしまえば、プログラムや介入の利用者/受益者がそのプログラムや介入に納得できているかどうかのことである。

この論文では、著者らの以前の研究で行ったsocial validation surveyの各項目に「ABA」、「TEACCH」、「その両方」のどれを一番代表しているかコーディングした上で、そのコードを独立変数として各項目の点数に影響を与えているかを検討している。

結果は、2つのモデル間では社会的妥当性にはっきりとした優劣はないが、2つのアプローチの組み合わせたものについては(それぞれのアプローチを単独で扱うよりも)有意に高い水準の社会的妥当性が確認されたと報告している。また、全てのアプローチが比較的高い社会的妥当性(平均は7件法で6付近)であるが、やはり両方のモデルの組み合わせがもっとも高い評価を受けている。

主たる結論はこんな感じだが、その他にも著者らが提唱しているIDEALモデルの各要素の内でABA/TEACCHが何を重視しているかの違いなども検討している。

服巻先生のブログで、「TEACCHかABAか」なんてのはナンセンスだということが書かれていたと思うが、その点はこの論文で検証された社会的妥当性の点から言っても支持されるようだ。
服巻智子公式ブログ:行動科学とTEACCHアプローチ

発達障害・特別支援教育関連の国際誌

発達障害・特別支援関係で興味のあるものをまとめてみます。
偏りがあるかもしれませんが、それは私の興味の偏りですので悪しからず。
随時追加していく予定です。(2017年4/5現在8件)

Focus on Autism and Other Developmental Disablities

SAGE Journals: Your gateway to world-class journal research

Focus on Autism and Other Developmental Disabilities (FOCUS) offers practical educational and treatment suggestions for teachers, trainers, and parents of persons with autism or other pervasive developmental disabilities. FOCUS offers original research reports, position papers reflecting diverse philosophical and theoretical positions, effective intervention procedures, descriptions of successful programs, and media reviews.

Journal of Autism and Developmental Disorders

Journal of Autism and Developmental Disorders - Springer

The Journal of Autism and Developmental Disorders is the leading peer-reviewed, scholarly periodical focusing on all aspects of autism spectrum disorders and related developmental disabilities. Published monthly, JADD is committed to advancing the understanding of autism, including potential causes and prevalence (e.g., genetic, immunological, environmental); diagnosis advancements; and effective clinical care, education, and treatment for all individuals. Studies of diagnostic reliability and validity, psychotherapeutic and psychopharmacological treatment efficacy, and mental health services effectiveness are encouraged. JADD also seeks to promote the well-being of children and families by publishing scholarly papers on such subjects as health policy, legislation, advocacy, culture and society, and service provision as they pertain to the mental health of children and families. Review articles are solicited in targeted areas of special interest; book and media reviews provide targeted updates on important new materials; and the Ask the Editor column serves as a forum for addressing timely questions of relevance to JADD’s broad readership.

International Journal of Developmental Disabilities

http://www.tandfonline.com/action/journalInformation?show=aimsScope&journalCode=yjdd20

The IJDD publishes scientific articles on work dealing with different approaches to the habilitation problems of people with an intellectual disability. The Journal covers the entire spectrum of intellectual disabilities, and is concerned with definitions, IQ, genetic predisposition, evaluation of abilities, learning interventions, challenging behaviour, medication, attitudes to death and bereavement, sexuality, legal aspects, WHO, NICE and other governmental guidelines, care in the community, advocacy, stress and coping strategies for families and carers - though this is not an exhaustive list. The unifying theme is that all of these aspects should be of practical help for those with intellectual disabilities or those caring for persons with intellectual disabilities. Emphasis is placed on the practical implications of the work of educationists, instructors, nurses, occupational and other therapists, psychiatrists, psychologists and social workers, whether taking place in a hospital setting or in community care.

The Journal accepts contributions from anywhere in the world but they must be written in acceptable and fluent English, avoiding technical jargon as far as possible in view of the wide readership. The IJDD puts much emphasis on the practical application of scientific findings, and prospective contributors should keep in mind that acceptance of a manuscript for publication will depend to a great extent on its direct relevance to habilitation work. Readers of the IJDD expect that articles should give them some scientific help and insight in their practical work.

International Journal of Language & Communication Disorders

International Journal of Language & Communication Disorders - Wiley Online Library

The International Journal of Language & Communication Disorders (IJLCD) is the official journal of the Royal College of Speech & Language Therapists. The Journal welcomes submissions on all aspects of speech, language, communication disorders and speech and language therapy. It provides a forum for the exchange of information and discussion of issues of clinical or theoretical relevance in the above areas.

The Journal, established in 1966, publishes a range of articles, including research reports, reviews, discussions and clinical fora, as well as editorials or commentaries commissioned by the editors. Research reports from both quantitative and qualitative frameworks are encouraged but must have appropriate and clear methodology and thoroughly analysed and interpreted results.

American Journal of Speech-Language Pathology

American Journal of Speech-Language Pathology | ASHA Publications | American Journal of Speech-Language Pathology | ASHA Publications

Mission
AJSLP publishes peer-reviewed research and other scholarly articles on all aspects of clinical practice in speech-language pathology. The journal is an international outlet for clinical research pertaining to screening, detection, diagnosis, management, and outcomes of communication and swallowing disorders across the lifespan as well as the etiologies and characteristics of these disorders. Because of its clinical orientation, the journal disseminates research findings applicable to diverse aspects of clinical practice in speech-language pathology. AJSLP seeks to advance evidence-based practice by disseminating the results of new studies as well as providing a forum for critical reviews and meta-analyses of previously published work.

Scope
The broad field of speech-language pathology, including aphasia; apraxia of speech and childhood apraxia of speech; aural rehabilitation; augmentative and alternative communication; cognitive impairment; craniofacial disorders; dysarthria; fluency disorders; language disorders in children; speech sound disorders; swallowing, dysphagia, and feeding disorders; and voice disorders.

Journal of Applied Behavior Analysis

Journal of Applied Behavior Analysis - Wiley Online Library

Journal of Applied Behavior Analysis is a psychology journal that publishes research about applications of the experimental analysis of behavior to problems of social importance.

Remedial and Special Education

SAGE Journals: Your gateway to world-class journal research

Remedial and Special Education (RSE) offers interdisciplinary articles that bridge the gap between theory and practice involving the education of individuals for whom typical instruction is not effective. Articles include topical reviews, syntheses of research, field evaluation studies, and recommendations for practice of remedial and special education.This journal is a member of the Committee on Publication Ethics (COPE).

Evidence-Based Communication Assessment and Intervention

http://www.tandfonline.com/action/journalInformation?show=aimsScope&journalCode=tebc20

Evidence-Based Communication Assessment and Intervention (EBCAI) brings together professionals who work in clinical and educational practice as well as researchers from all disciplines to promote evidence-based practice (EBP) in serving individuals with communication impairments.

The primary aims of EBCAI are to:
Promote evidence-based practice (EBP) in communication assessment and intervention;
Appraise the latest and best communication assessment and intervention studies so as to facilitate the use of research findings in clinical and educational practice;
Provide a forum for discussions that advance EBP; and
Disseminate research on EBP.
We target speech-language pathologists, special educators, regular educators, applied behavior analysts, clinical psychologists, physical therapists, and occupational therapists who serve children or adults with communication impairments.

ASD児へのPECSによる介入のメタ分析論文

Effectiveness of the Picture Exchange Communication System (PECS) on Communication and Speech for Children With Autism Spectrum Disorders: A Meta-Analysis | American Journal of Speech-Language Pathology | ASHA Publications

PECSの効果についてメタ分析を行った論文。結構面白かったので内容を簡単にまとめてみる。

分析に含まれた論文は、単一被験者の実験が7つとグループのもの3つである。独立変数にPECSを含み、従属変数として、コミュニケーションにおける効果と発語(Speech)が含まれているものが対象となっている。

コミュニケーションへの効果は、単一被験者のものでもグループのものでも小〜中程度の効果量が報告されている。しかし、これらの研究の多くはフォローアップを含まない短い期間(short-term)での効果しか測定しておらず、その効果が維持されるのかについて、また違った文脈で般化されるのかについては、結果に揺れがあり、さらなる研究が必要だと主張されている。

発語への効果については、単一被験者の研究における視覚的なグラフの読み取りと解釈だと増えていると報告されているものが多いが、グループの研究で効果量を推定すると無視できるほどの小さい結果である。このことから、単一被験者の研究における発語への効果が疑わしいものだと著者らは分析している。

また、PECSの効果に影響を与える介入前の被験者要因として、共同注意(joint attensiton)、探索行動(object exploration)、模倣(imitation)の3つの要因が影響を及ぼす可能性が示唆されているが、これについても今後の研究において関係性を解明していくことが必要だと主張されている。

In summary, the overall effectiveness of the PECS approach for communication outcomes with children with ASD is promising although not yet established. Evidence for the effectiveness of the approach on speech out comes is not as strong.(p.190)


【関連する記事】
nekomosyakushimo.hatenablog.com