猫も杓子も構造化

発達障害、特別支援などについて書いています。最近は心理学関係の内容が多めです。

感覚統合訓練って効果あるの?

少し前に友人と感覚統合系の人たちはバランスボール好きすぎじゃないか問題について話をした。それで、感覚統合系の業界での評価がどんなものなのかが気になり調べて見た。

日本語で読めるものでまず出て来たのがこれ。2006年とやや古い。

ci.nii.ac.jp

13件の研究が最終的なレビューの対象となっている。ざっくりと結果をまとめると:

  • エビデンスの質を表すエビデンスレベルはⅣとⅤ。ちなみに、エビデンスレベルでは一番良質なエビデンスはⅠで、最低のエビデンスはⅥとしている。Ⅳだった研究は群分けしてるけどランダム化の手続きがとられておらず、Ⅴだったものは症例集積研究だったそうである。
  • 上記のエビデンスの質および、効果の検証をしているデザインの少なさ、治療の副作用やコストの未検討、LDやMBDの症例群についてはある程度一貫した見解などを総合的にみて、「行うよう勧められるだけの根拠が十分でない(勧告C)」という強さの勧告だと判断されている。効果がないとは言い切れないけれど自信を持ってあるとは言えない、ということですかね。

次は英語のやつ。本文は読んでないのでアブストからのみ。

ASDを対象としたレビュー。2015年。レビュー対象は2000-2012年の研究。

A systematic review of sensory processing interventions for children with autism spectrum disorders. - PubMed - NCBI

含まれたのは19件の研究。介入の種類を2つに分けていて一つが、クリニックを中心にたくさんの感覚刺激の用いる系の感覚統合療法(sensory integration therapy)で、もう一つが教室を中心に、感覚への方略を一種類のみ使う(例えばバランスボールとか)系の感覚ベースの介入(sensory-based interventions、訳語は適当)だそうだ。前者が5件、後者が14件だった。ざっくりと結果をまとめると以下の通り:

  • 感覚統合療法の方には、ランダム化比較実験が2件あり,目標達成スケール(GAS)においてポジティブな効果があった。GASというのはリハの領域で使われているものらしく 最も望ましい状態から、最も望ましくないものまで5段階で設定するもののようだ。他の3件は、エビデンスレベルはⅢ-Ⅳなものの感覚に関連する問題行動を減らすのに効果があったらしい。
  • 感覚ベースの介入の方では、ポジティブな効果が得られた研究はほとんどなく、この介入には効果がないかもしれないことを示唆している。

この研究をみていると、教室で感覚系エクササイズを取り入れましょうとか、通級で感覚遊びとかは効果がないかもしれない。

次、2015年。アブストのみ読んだ。

link.springer.com

発達障害、LDを対象しているメタ分析。結果は次の通り:

  • 介入なしと感覚統合を比べると統計的に有意だが効果量は小さい。
  • 他の介入と感覚統合を比べると統計的に有意な差はない。
  • 研究の方法論的不備(介入法の明確な定義、測定のintegrity(うまい訳語が思いつかない)、研究の質、多様な結果の測定) があった。

上記を総合的に見て、感覚統合は診断群に対して効果的な介入であると示す根拠はほぼないと結論している。

次、アメリカ作業療法学会の学会誌。2017年。新しい。

Efficacy of Occupational Therapy Using Ayres Sensory Integration®: A Systematic Review | American Journal of Occupational Therapy

ステマチックレビューで障害のある人のICFにおける生活機能と参加が変容したかを検討。2007年から2015年で、3件のランダムか比較実験、retroactive分析(訳語は分からず)1件、単一事例の1件で全てが自閉症であった。

  • 目標達成スケールで測定される生活機能と参加において肯定的な結果を示す質の高い根拠が見出された。
  • 自閉的行動の改善に中程度の根拠、自助スキルにおいて養育者の介助の現象にも中程度の根拠があった。
  • その他、遊び、感覚運動、言語、ソーシャルスキル等では十分な根拠が見られなかった

作業療法の雑誌だからか、介入に対して一番肯定的な結果を書いている。


ここまでいくつかのレビューを見てきたけれど、レビューによっても結論が変わっているのでなんとも言えないですね。少なくとも、「全く効果がないとか」とも「効果に十分な根拠がある」とも言えない感じで、やりたい人はやればいいんじゃない?ぐらいがこれらから言えそうなことでしょうか。

黒沢香・村松励『非行・犯罪・裁判』

非行・犯罪・裁判 (キーワード心理学シリーズ)

非行・犯罪・裁判 (キーワード心理学シリーズ)

心理学の応用領域は多数あるが、司法分野でどのように応用されているか知りたくて読んだ。

特に、法との関連において自分が知らないことだらけなので勉強になることが多かった。また、内容がコンパクトにまとまっており、書き方もやわらかいのでそんなに時間を要さず読めた。

しかし、箇所によっては説明は簡素すぎて、よく分からない概念をよく分からないままに読み進めなければならなかった。大学の講義とかのテキスト的な位置付けなのだろうが、自学自習にはもう少し詳しい解説がある本のほうが良かったように思う。

本全体の内容とはあまり関係ないが、刑罰の効果について解説している項で、以下の学習心理学についての記述はやや誤解を招くのではないかと思った。

それでは、こういう罰により、犯罪が起こらないようにできるのでしょうか。残念ながら、刑罰に功利的な効果は期待できないようです。(中略)スキナーの条件づけを思い出してください。正しい条件づけにはの概念がありません。もし強化したくない反応を行ったら、単純にその行動を強化しないだけでよいのです。しだいに、その反応は見られなくなっていきます。その文脈から見て、動物(の強化や消去)に刑罰の心理学はありえないということが分かると思います。(p.135)

著者の「正しい条件づけ」というのが何を指しているかは不明だが、おそらく行動分析学的の知見を現実問題の解決のために用いるぐらいの意味だろうか。その意味だったとしても、罰(弱化)の概念がない訳ではない

応用行動分析において罰(弱化)を用いたアプローチが避けられるのは、罰(弱化)によって行動の生起頻度は減るがそれには副作用(攻撃行動や他の情動的な問題など)が伴うからだ。副作用の問題を考慮した上で罰(弱化)が行動変容のオプションになることは十分にありうることである。

また、ここで問題となっている犯罪行為で、その強化子は制御可能なのかということも気になる。本には「単純にその行動を強化しないだけでよい」といわゆる「消去」の手続きを適用することが書いてある。しかし、例えば、窃盗のような犯罪を行う人を考えてみると、その人は窃盗を行うことで、欲しい品物が手に入ったり、スリルを得たり(正の強化)することになるのだが、これらの強化子は犯罪行為に自然と随伴してるものである。消去の手続きが適用可能なのは、強化子を撤去可能なときだけある。犯罪行為に随伴するこれらの強化子が、どのようにしたら撤去できるのか私にはその案が思い浮かばない。

刑罰の功利性についてはよく知らないので何とも言えないのだが、その議論に対してこの行動分析の理論の用い方はやや危ないのではないかと感じた。

集団随伴性について

仕事の都合で集団随伴性について調べ物をした。

個人ではなく、集団でのパフォーマンスについて強化が随伴することを集団随伴性と呼ぶ。

ベイリーとバーチの『行動分析的"思考法"入門』には、集団随伴性が良い行動・良くない行動のどちらも産み出すことが紹介されている。集団随伴性が産み出す良い行動の例としては、集団のメンバーが他のメンバーを励ましたり、協力的になったりすることが挙げられている。よくない行動の例としては、集団のメンバーに対して、「もっと一生懸命やれ!」などのように威圧的に関わるようになったりすることが挙げられている。

メンバーを励ますなど、集団随伴性の良い側面に注目すると、個人での活動の際にはない強化が起きることになる。こうした強化のことを社会的強化と呼ぶそうである。社会的強化が起きやすくなる環境を整えることが、集団随伴性を用いる際に考えなければいけないことの一つだろう。

特別支援教育の文脈だと通常学級のような場面では、集団随伴性によるアプローチが求められることがある。そうした際に、個人に適応される強化、弱化の原理だけだとうまくいかないことが予測されるので、集団随伴性を利用した先行研究の注意点をよくよく精査して、実施しようとしている集団において適当な社会的強化が起きる環境を整えたうえで実施するべきであろう。


ベイリーとバーチの本についての記事】
nekomosyakushimo.hatenablog.com

阿部利彦『通常学級のユニバーサルデザインスタートダッシュ Q&A55』

通常学級のユニバーサルデザイン スタートダッシュ Q&A55

通常学級のユニバーサルデザイン スタートダッシュ Q&A55

授業UD系の本に少しずつだが入門している。編著者は授業UD関係だとよく名前を聞く阿部利彦先生(星槎大学)。教育のUDについて55のQ&A形式で解説している。

この本では、教育のユニバーサルデザインを、「授業のUD化」「人的環境のUD化」「教室環境のUD化」を3つで構成されるものとして定義している。小貫・桂による『授業のユニバーサルデザイン入門』(東洋館出版)よりも、教育におけるUDというものを広い視点から整理しなおしている。(もちろん重複している部分もある)

読んでいて受けた印象として、授業UDが「学校の先生たちにとってのリアリティ」というのを重視しているのだと思った。本書では授業UDにとって大切な工夫として「ひきつける」「方向づける」「むすびつける」「そろえる」「わかったと実感させる」という概念が登場する。概念の定義があいまいな気がしていて、これらの言葉の意味するところが正直なところ私にはしっくりきていない。これらの概念が提案された経緯は次のように書いてある。

「わかる」「できる」授業をしたい。でも実際は、一時間の授業をどう展開すればよいのだろう。どのタイミングで「視覚化」「焦点化」「共有化」を意識すれば良いのだろう。
 このような悩みがある先生は、意外と多くいらっしゃいます。
 この悩みを解決し、「わかった」「できた」につながるある工夫を指摘しているのが、阿部利彦(2014)です。阿部氏は、UD化された授業を観察・分析していくうちに、共通した特徴があることを発見しました。(p.40)

つまり、授業UD化のための柱として言われていた「視覚化」「焦点化」「共有化」といった概念をより具体のレベルに置き換える過程で生まれてきた言葉だということなのだろう。

また、学校の先生たちにとって、ある種のロマンというものを尊重しないと市民権を得ないというのは、外から学校現場に関わったりする私のような人間にとってよくよく考えないといけないのかもしれない。

ペアワークやグループの能力差についてのQ&Aでは次のような記述を見た。

大切なことは「だれとでも」関係をつくれることです。良いグループ、悪いグループは、はじめに決まることではなく解散する時に決まることです。良いグループにするために自分はどのように働きかけるのか、この気持ちが大切です。(p.94)

私のようなひねくれものは、「だれとでも」関係をつくれるなんて、そんな無茶な要求をされて子どもたちは可哀想に、なんて思ってしまう訳である。自分が関係したいくつかの職場を見てみるだけでも、「だれとでも」関係を作れている職場なんて見たことがない。なぜ、子どもたちだけがそんな不当にレベルの高い要求をされるのであろうか、と。

心理の立場から教育の場に入るときは、こうした「教員文化」みたいなことを考慮した上で入っていかないのとうまくいかないのかもしれないとか、そんなことを感じた読書であった


【関連する図書・記事】

nekomosyakushimo.hatenablog.com

授業のユニバーサルデザイン入門 (授業のUD Books)

授業のユニバーサルデザイン入門 (授業のUD Books)

村井・橋本『心理学のためのサンプルサイズ設計入門』

心理学のためのサンプルサイズ設計入門 (KS専門書)

心理学のためのサンプルサイズ設計入門 (KS専門書)

大変勉強になる本だった。

効果量や検定力について一通り勉強していたものの、それらがサンプルサイズを決める観点から整理されていて、そうした知識の復習にもなった。同時に自分がデータをとる際にいかに無頓着な決め方をしていたか反省する点も多かった。

以下、良いと思った点

  • 2017年出版の本ということで、比較的新しい議論に触れている
  • 基礎的な知識の解説の後に、認知、社会、臨床など下位分野での実例紹介が丁寧で参考になる
  • カラーで見やすい
  • Rのコード付きですぐ試せる

心理系の調査をしたい人は買って損はないと思います。

Broader Autism Phenotypeについて

Broader Autism Phenotypeという言葉を知った。

Phenotypeというのは表現型と訳され、遺伝とかの研究の文脈で使われることが多い言葉である。生物に実際に現れる性質や形質のことを指す言葉で、遺伝子型と環境の相互作用によって表現型が決まるとされる。同じ遺伝子型を持っているからといって、表現型が同じだとは限らない。自閉症の文脈で言えば、自閉症に関与していると考えられる遺伝子型を持っていたとしても、表現型として実際に自閉症だと診断されるとは限らないということだろう。

ところで、家族や兄弟研究から自閉症に遺伝的関与があることは知られていて、診断されているかどうかはさておき、診断を受けた人の親族が自閉っぽい特性を持っていることは多い。また、自閉症スペクトラムとするのが最近の研究の流れであるから、診断を受けていない定型発達の人のなかにも、高い自閉的特性を持つ人がいることが知られている。

これらのことを考慮すると、「狭い自閉症表現型」として、診断を受けている群を研究する一方で、高い自閉的な特性を持つ人も含めた群を「広い自閉症表現型」として研究するアイデアが出てくる訳である。Broader Autism Phenotypeを日本語訳しているものが多くないが、「広い自閉症表現型」「幅広い自閉症の表現型」あるいはシンプルに「より広い表現型」と呼ばれているようだ。

【多分BAPという用語が初めて使われた論文】
Broader autism phenotype: evidence from a family history study of multiple-incidence autism families. - PubMed - NCBI

島宗 理『インストラクショナルデザインー教師のためのルールブックー』

インストラクショナルデザイン―教師のためのルールブック

インストラクショナルデザイン―教師のためのルールブック

行動分析学専門とする著者によるインストラクショナルデザインの入門書。一般向けの本のため専門的な話はほとんど出てこないので大変読みやすい。

本書で、インストラクションとは次のように定義される。

インストラクションとは何らかの行動を引き出すための仕掛けである(p.7)

そして、そのインストラクションが成功するためには「デザインが不可欠である(p.8)」という前提にたち、どのようなインストラクションを設計すればうまくいくのかが解説される。

前半は「インストラクションの鉄則<ルール>」ということで、主に行動分析学を中心に積み上げられてきた学習の科学をもとに、うまくいくインストラクションのルールが紹介される。例えば、目標分析や職務分析に基づく標的行動の設定や学び手の学習状況の確認のための多様な評価の方法など、何かを教える立場にある人が持っていて絶対に損をしない知識が書かれている。

後半は「インストラクションのデザイン」ということで、前半で解説されたルールを用いて、具体的にインストラクションをデザインするプロセスが解説される。ステップごとに分けられているので各々の教える内容に合わせて、このステップに沿ってインストラクションを組み立てていけば、成功するインストラクションが完成するという寸法である。

教員や企業等の研修担当など、何かを教えることに関わる人には大変お勧めできる本だと思う。私の関係する分野だと、特別支援教育で個別の指導計画(IEP)作成に関わる人にはとりわけおすすめしたい。目標の設定や評価のあり方など得るものは大変多く、その後のIEPの質の向上につながる考え方を得ることができるだろう。

『パフォーマンス・マネジメント』を読んだときにも思ったけれど、島宗先生の本は理論的な基盤がしっかりしているのに、平易な言葉でサクサクと読めるようになっていてすごいなぁと思う。



【関連】
nekomosyakushimo.hatenablog.com